【有料note】バンライフのお金事情・稼ぎ方 バンライフの教科書〜お金は大事だよ〜

【無料/予約不要】新平ヶ原公園キャンプ場で車中泊!釣りも人気!【ブログ】

中国地方

2019年6月1日からVANLIFE(バンライフ)で日本一周中のとおるんよしみんです。

 

こちらの記事は「新平ケ原公園キャンプ場」の車中泊体験記事になります♪

 

【こんな人におすすめ】
・山口県で車中泊できる場所を探している人
・キャンプ場での車中泊は実際どうなのか気になっている人
この記事は筆者自身が実際に現地で確認し、情報を記載しております。
またオススメ度等はあくまでも筆者の基準に基づいて算出しており、車中泊スポットを決める際にご参考程度に読んでいただけると幸いです。
また私達が現地で取材した後に車中泊禁止の看板が掲載されることもございます。その場合は速やかに車中泊を中止し、車中泊を控えていただきますようご協力お願いします
道の駅等の公共駐車場にて長期滞在やキャンプ行為などはせずマナーを守っていきましょう。

新平ヶ原公園キャンプ場で車中泊できます!

 

実際に2021年6月に行ってチェックみましたが、車中泊できます。

24時間使用可能なトイレ、駐車場があります。

また「車中泊禁止」の看板もありませんでした。

私たち以外にも車中泊されている方もいました。

 

よしみん
よしみん

予約不要、無料、オートキャンプ場って最高!!!

 

【車中泊スポット 新平ヶ原公園キャンプ場】オススメ度を発表

 

私達が実際に2021年6月に車中泊してみてチェックしてみました。

 

駐車場(広さ・フラット)★★★★
トイレ(綺麗さ)★★★★★
周囲の静かさ★★★★★
付帯設備の満足度★★★★★
とおるんよしみん
とおるん
よしみん

総合評価・・・★★★★

 

キャンプ場まで行く時は結構狭くて、キャブコンなどはちょっと気をつけながらの運転が必要だね♪

私たちの車はキャラバンで運転大丈夫だったから、ハイエースくらいの大きさなら大丈夫!!

こんな道で前から来たらすれ違うのは大変だけど、自分の車だけなら大丈夫!!!

 

 

 

【車中泊スポット 新平ヶ原公園キャンプ場】駐車場

 

駐車場はキャンプ場から階段登ったところにあるよ!

ちょっと傾斜があって、寝るとちょっと気になるかも。

 

 

【車中泊スポット 新平ヶ原公園キャンプ場】トイレ

 

トイレは綺麗!!!ってわけではないけど、匂いがめっちゃ気になるってレベルではない。

 

外観はこんな感じ!2つあるよ!

 

 

 

電気はつくけど、ちょっと薄暗い感じでビビリの私は怖かった。

 

 

鏡はないけど、手洗い場はあるよ!!!

 

 

便器はちょっと古いよく公園にあるトイレ!

 

 

【車中泊スポット 新平ヶ原公園キャンプ場】その他の施設など

 

なんにもない!!!

だから買い物はキャンプ場に行く前に済ませておくのがおすすめ♪

 

テントを張るところは自由で、早いもの勝ちってかんじだったので狙っているところあるならはやめに。

木がたくさんあるから影があって、夏は助かったよ!

 

 

 

すぐそばには川があるからめっちゃ癒されるよ〜!!!

 

 

【1000円以下】全国温泉・入浴施設マップ

 

全国の1000円以下の温泉・入浴施設を下のマップで確認できます。

入浴料金によってマークの色を変えました。

 

無料・・・オレンジ

1円~500円・・・黄色

501円~1000円・・・緑色

 

車中泊マップ【山口県・中国地方・全国】

 

山口県または中国地方・全国の車中泊スポットをお探しの方は下記の記事やマップをご覧ください。

全国の車中泊スポット

 

 

山口県の車中泊マップ山口県の車中泊スポット一覧ページは下記ボタンをクリック↓↓

山口県の車中泊スポット一覧

 

 

中国地方の車中泊マップ中国地方の車中泊スポット一覧ページは下記ボタンをクリック↓↓

中国地方の車中泊スポット一覧

女子1人でも車中泊初心者でもできる方法・グッズ!

 

とおるんよしみん
とおるん
よしみん

女子1人でも車中泊初心者でも

安心して車中泊できるような方法、グッズをご紹介!

 

▼音声で女子車中泊の悩みや解決方法を語ってます♪

 

 

 

私達も実際に使用しています

▼車中泊にもキャンプにも使える

「無印良品のポリプロピレン頑丈収納BOX」

 

▼大人気アイテム「イワタニの薄型カセットガス(赤色)」


 

【車中泊スポット 新平ヶ原公園キャンプ場】まとめ

 

名称新平ヶ原公園キャンプ場
住所・地図
URL公式HP
入浴施設なし
ゴミ箱なし
その他

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。