私達の【現在地】とこれからの予定!!

自動車保険を安くする方法~裏技をご紹介~

節約術・お金

世界一周した旅する仲良しクリエイターのとおるんとよしみんです。

 

お車をお持ちの方は任意の自動車保険料を払っていると思うのですが、もっと安くなればな・・・と思っている方も多いんではないでしょうか?

実はよしみんは以前損害保険の代理店をしておりました。

 

取り扱っている商品は自動車保険がメインで火災保険や損害賠償保険などやってました。

その時学んだ知識をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

任意の自動車保険って加入するべき?

自動車保険って何?のところから始まった私は、任意の自動車保険って聞いたら任意だから入らなくていいのかな?と思っていました。

でも勉強してみて分かったのは、絶対に加入するべきです。

 

車検を受ける際自賠責保険に入っているため、もし交通事故にあって相手がけがをした場合は傷害による損害は最高120万円まで、後遺症が残った場合は最高4000万円までは保証されます。

しかし相手のお車の修理代や、あなたのお車の修理代や治療費などは自賠責保険では出ません。

 

相手が後遺症が残ってしまったり、電車やお店に車をぶつけてしまったりする時はかなりの金額になります。

電車をとめてしまったり、お店が営業できないとなると再開するまでの損害額がとても大きく1億円を超えることもあるそうです。

そんな金額なかなか払えないですよね。

 

任意保険に入ってなく自動車事故に遭い、お支払いできなくて家や家にあるものまで全て差し押さえになった方もいらっしゃいました

そうなると本当に全て失うんだなととても怖くなったのを今でも覚えています。

 

いつ交通事故に遭うか分かりません。

必ず任意保険には加入しましょう。

スポンサーリンク

どこの自動車保険会社がいいの?

自動車保険会社ってたくさんありますよね。

どうやって選ばれていますか?

私達は以前は会社の自動車保険会社に加入してました。

そしてその後、よしみんはSBI自動車保険、そしてとおるんはイーデザイン損保です。

(とおるんの車はSBI自動車保険では対象外の車で加入できませんでした)

 

正直そんなに保険会社の対応や保証の大差はありません。

一括見積して1番安いところに加入しました。

それだけで十分だと感じます。

なんとなく毎年同じところで更新しているという方は、一度他の保険会社と比べてみるのが大切です。

自動車保険一括見積

とおるんもよしみんも会社勤めの時は、会社の団体割引が適応されており1番安いと思い込んでましたが、切り替えたことにより半額程度になりました。

保険会社→代理店→お客様の場合は、間に代理店が入ることにより値段が高くなり、団体割引が効いていても高くなることが多いです。

 

そのためインターネットでご自身で自動車保険に加入されることをオススメします。

一括見積したからといって、営業の電話はありませんでした。

後日郵送で見積の結果が届くだけなので、気に入った保険会社で契約するだけになります。

色々見積したくない!1番オススメの保険会社はSBI自動車保険です!

一括見積のお話しをさせていただきましたが、色々な保険会社に見積するのはめんどくさい!という方にオススメなのがSBI自動車保険をオススメします。

その理由は10年連続価格.com自動車保険ランキング 保険料満足度No1とっているからです。

保険料に満足されている方が多いということですよね。

 

それも紹介者IDを使用して契約すると下記の商品がもらえます。

  • ホテルオークラ ミルクプリン&カスタードプリン
    (カスタードプリン75g×1個、ミルクプリン75g×2個)
  • 「祇園さゝ木」 パウンドケーキ 抹茶あずき(抹茶あずき 240g×1本)
  • 雪蔵仕込み 新潟県産こしひかり(1kg)
  • 金賞健康米 北海道産ゆめぴりか(1㎏)
  • 新宿中村家 カレーセット 計4袋
    (180g×4個(ビーフカリー、チキンカリー、野菜カリー、ハヤシライス))
  • 焼豚屋のカレーセット(200g×4個)
  • 札幌らーめん「黒帯本店」味噌味(4食)
  • 富山ブラックラーメン「いろは」醤油味(4食)
  • エクストラバージンオリーブオイル&ヒマラヤ岩塩(オリーブオイル8g〔ポーションパック〕×8袋、ヒマラヤ岩塩10g×4袋)
  • 舞の海監修 にんにく醤油セット(150ml×4本)

 

紹介者IDはMGM1310024950KEY

こちらから自動車保険を申し込み際にエントリーフォームに紹介者IDを入力してください。

それもインターネット割引と証券不発行割引で10,500円引きになります!

 

SBI自動車保険はとっても安いのでおすすめです!

スポンサーリンク

補償内容はどうしてるの?

一人一人考え方が違うので、必要だなと感じる補償内容も違います。

あくまで私の考えをお伝えしますので、全員が同じではないってことをご理解いただけると助かります。

 

私の場合は

対人・対物 無制限 免責0円

人身傷害 3000万円

以上になります。

 

それだけ?と思われたかもしれませんが、その他は必要ないと私達は思っているためこの保証内容にしてます。

 

よく車両保険は必要ですか?とよく聞かれますが、私は必要ないと感じます。

その理由は車両保険に入っている方で実際に事故をしても、保険使うと等級が下がって保険料が上がるのが嫌だからという理由で使わない方がとても多いからです。

 

そのような声を聞いている内に、使わないのに保険料を払うってもったいないと思うようになり、車両保険は入らない事にしました。

 

人によってはもし電柱などにぶつけて事故した時は、絶対に保険使いたいから車両保険は加入しておきたいと思われる方もいらっしゃるので、自分がもし事故した時に必要だなと感じるものは加入することが大切です。

 

あなたにとってどんな保障が必要なのか?というのを重視して補償内容を選択しましょう。

ということでちょっと補償内容についてご説明します。

 

対人補償・・・他人を死傷させてしまった場合の補償。

後遺症など残る事故の場合はかなり高額になるため、無制限がオススメです。

簡単にいうと相手の治療費などの補償。

 

対物補償・・・他人の車や家などの物を壊してしまった場合の補償。

電車やお店などの営業ができなくなった時の補償はとても高額になるため、無制限がオススメです。

簡単にいうと相手の物の修理代などの補償。

 

人身・搭乗者傷害補償・・・ご家族が車に搭乗中徒歩中などの自動車事故で死傷した場合の補償。

人身傷害と搭乗者傷害の違いは保険金の計算方法です。

人身傷害は実際に発生した損害額に対して、保険金額内でお支払いされます。

搭乗者傷害は契約時に定めた定額の保険金がお支払いされます。

簡単にいうと自分と一緒に乗ってた人の治療費など。

 

車両保険・・・ご自身の車両が事故や火災・盗難などを受けた損害の補償。

駐車中に電柱にぶつけてしまったり、100対0でこちらに非がある自動車事故の場合、飛び石でフロントガラスが割れてしまったときなどの補償。

簡単にいうと自分の車の修理代など。

 

難しい説明と簡単な説明の2つでご説明しました。

勉強始めた頃の私はなんか難しそうな文章書いてあると、もう読む気がなくなってしまってました。

そのため、ちょっと分かりやすく簡単な説明も入れてみました。

ちょっと大雑把な説明になるので、ちょっと気になる方いらっしゃったらすみません。

 

要するにご自身で必要なものをご選択することが必要です。

訳も分からずひとまず適当に入るのはもったいないです。

せっかくお金出して加入しているものなので、きっちり分かってから加入した方が損はないです。

スポンサーリンク

保険料が安くなる裏技をご紹介

実は私達が車を購入したのは、18歳の時でまだ出会っていませんでした。

私は自動車保険の仕事をしていたので大丈夫でしたが、とおるんは知らなかったのですごく損をしてしまった話をします。

 

18歳で自動車保険に入る場合は、かなり値段が高くなることがあります。

私が手続きしていた時は高卒の方で毎月4万円以上払っている方いらっしゃいました。

本当に高すぎます・・・。

 

そんな時は親が契約している自動車保険をチェックすることが大事です!!

ほとんどの場合親の契約の方が等級が上です。

 

【安くする方法】

①親の等級をとおるんが引き継いで契約

②親は新規で契約

等級を親と交換するだけです。

 

親の保険料は以前よりは高くなりますトータルで計算すると等級を入れ替えた方が安くなります。

車種や年齢、等級にもよりいくら安くなるかは変わってきますが、今まで私が手続きした方は5万円ぐらいは安くなっていました。

 

新規で息子さんや娘さんが契約する場合は、他の家族で等級高い人がいるか必ず確認しましょう!

等級を親と交換するだけでかなり金額が変わってきます。

スポンサーリンク

自動車保険の見直しが大切

自動車保険は年齢や乗る人の範囲によって保険料が変わってきます

加入した当時のままになっていませんか?

 

もちろん毎年年齢は変わります。

ご自身の年齢にあった補償内容になってますか?

 

また自動車運転される方は変わっていませんか?

息子も乗っていたが、最近引っ越して運転しなくなったなどの変化がある時は運転者を変更することにより安くなります。

 

毎年前年同条件で更新する方多いと思いますが、1年に1回はちょっと見直してみるのもオススメです。

スポンサーリンク

【自動車保険】まとめ

①任意の自動車保険が必ず入っておくべき。

②保険会社によって補償内容は大きな差はない。

③補償内容をしっかり把握して契約しよう。

④初めて契約する時は家族の自動車保険もチェックするべき。

⑤1年に1回更新時には、前年と何か変化がないか考えるべき。

 

自動車保険で大切な事をお話しさせていただきました。

よく分からず何気なく払っている方の多い自動車保険。

ちりも積もればかなりな金額になりますので、お時間ある時にぜひチェックしてみてください。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント

  1. […] 自動車保険を安くする方法 […]