私達の【現在地】とこれからの予定!!

【上越市内】「道の駅うみてらす名立」車中泊する場所をご紹介します!

新潟

車中泊で日本一周しながら全世界のカップルや夫婦を仲良しにするために仲良しにする秘訣や旅の魅力を発信している仲良しクリエイターのとおるんとよしみんです。

 

新潟県上越市で車中泊できるところあるかな?

今回は道の駅うみてらす名立に車中泊できるのか?

とお探し方にご紹介します。

どんな施設(トイレ・駐車場など)があるのか?についてお話ししたいと思います。

この記事は筆者自身が実際に現地で確認し、情報を記載しております。
またオススメ度等はあくまでも筆者の基準に基づいて算出しており、車中泊スポットを決める際にご参考程度に読んでいただけると幸いです。
また私達が現地で取材した後に車中泊禁止の看板が掲載されることもございます。その場合は速やかに車中泊を中止し、車中泊を控えていただきますようご協力お願いします
道の駅等の公共駐車場にて長期滞在やキャンプ行為などはせずマナーを守っていきましょう。
スポンサーリンク

【上越市内】「道の駅うみてらす名立」車中泊する場所をご紹介します!

2019年6月に実際に行きましたが、車中泊できます。

24時間トイレも駐車場も使用でき、「車中泊禁止」の看板もありませんでした。

かなり設備がそろっているので、車中泊にはオススメです!

スポンサーリンク

【車中泊スポット 道の駅うみてらす名立】オススメ度を発表

道の駅に私達が実際に2019.6行ってみてチェックしてみました。

・駐車場 ◎

・トイレ 〇

・静かさ 〇

・付帯設備 ◎

小山夫婦
とおるん
よしみん

総合評価・・・★★★★☆

こちらの道の駅はとても広くかなり設備が整っております。

7.8月はプールもあり、1日中楽しめるスポットになります。

【車中泊スポット 道の駅うみてらす名立】駐車場

こちらの駐車場はとても広く全て無料で停めることができます。

また駐車場はフラットになっているため、とても過ごしやすいです。

トラックとバスと一般車は別々に停めるようになっておりました。

昼間も車が多く7.8割は停まっていたように感じます。

また観光バスも多かったです。

【車中泊スポット 道の駅うみてらす名立】トイレ

トイレは男子トイレ・女子トイレ・多目的トイレの3種類ありました。

トイレは新しく掃除をかなりされており、とても清潔でした。

【車中泊スポット 道の駅うみてらす名立】静かさ

こちらの道の駅は国道8号線に面しているため、昼でも車の音がかなりしました。

そのため夜も音が気になるのかな?と思われます。

しかし周りは海でその他の音は気にならないように感じます。

【車中泊スポット 道の駅うみてらす名立】その他の施設など

①売店

魚介類はかなり豊富に取り揃えています。

また野菜は少しだけ販売されていました。

また他にはお土産もたくさんありましたので、お土産を探されている方にもオススメです。

②レストラン

こちらでは海鮮が有名で海鮮のメニューがかなり多かったです。

そしてレストランも数か所ありました。

EV急速充電スタンド

④ゲームセンター

とても小さいですがありました。

⑤ゴミ箱

数か所あります。

⑥公園

とても広く海を見渡せて景色がいいです。

⑦無料休憩所

観光パンフレットが少しだけありました。

⑧宿泊施設

ホテル光鱗があります。

⑨温泉兼プール

入浴施設のところで詳細を書いてます。

【車中泊スポット 道の駅うみてらす名立】入浴施設

こちらの道の駅に入浴できる施設はあります。

入浴施設情報

【料金】大人700円・子供500円・乳児350円

【営業時間】10:00~21:00

【URL】公式HP

【その他】こちらは7.8月はプールもあります。

平日でしたが、たくさんの方が温泉を利用されておりました。

温泉はジェットバス・貸し切り温泉・露天風呂などがあります。

スポンサーリンク

車中泊マップ【新潟県・中部地方・全国】

新潟県または中部地方・全国の車中泊スポットをお探しの方は下記の記事やマップをご覧ください。

全国の車中泊スポット

新潟県の車中泊マップ

新潟県の車中泊スポット一覧ページは下記ボタンをクリック↓↓

新潟県の車中泊スポット一覧

 

 

中部地方の車中泊マップ

中部地方の車中泊スポット一覧ページは下記ボタンをクリック↓↓

中部地方の車中泊スポット一覧

 

スポンサーリンク

【車中泊スポット 道の駅うみてらす名立】まとめ

名称 道の駅うみてらす名立
住所・地図
URL 公式HP
トイレ あり
ゴミ箱 あり
その他 売店・レストラン・電気自動車充電器・無料休憩所・公園・温泉・宿泊施設・プール

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント