私達の【現在地】とこれからの予定!!

【弘前市周辺】「道の駅いなかだて 弥生の里」車中泊可能です!

東北地方

車中泊で日本一周しながら全世界のカップルや夫婦を仲良しにするために仲良しにする秘訣や旅の魅力を発信している仲良しクリエイターのとおるんとよしみんです。

 

青森県田舎館村で車中泊できる場所がある?

道の駅いなかだてで車中泊できるの?

と車中泊スポットをお探しの方に私達が実際現地に行って

車中泊の可否、施設の詳細(トイレ・駐車場・売店など)を調べてきましたので、ご紹介します。

この記事は筆者自身が実際に現地で確認し、情報を記載しております。
またオススメ度等はあくまでも筆者の基準に基づいて算出しており、車中泊スポットを決める際にご参考程度に読んでいただけると幸いです。
また私達が現地で取材した後に車中泊禁止の看板が掲載されることもございます。その場合は速やかに車中泊を中止し、車中泊を控えていただきますようご協力お願いします
道の駅等の公共駐車場にて長期滞在やキャンプ行為などはせずマナーを守っていきましょう。

【弘前市周辺】「道の駅いなかだて 弥生の里」車中泊可能です!

実際に2019年9月に行ってチェックみましたが、車中泊できます。

24時間使用可能なトイレ、駐車場があります。

また「車中泊禁止」の看板もありませんでした。

【車中泊スポット 道の駅いなかだて】オススメ度を発表

道の駅に私達が実際に2019年9月に行ってみてチェックしてみました。

駐車場(広さ・フラット)★★★★★
トイレ(綺麗さ)★★★★★
周囲の静かさ★★★★
付帯設備の満足度★★★★
とおるんよしみん
とおるん
よしみん

総合評価・・・★★★★

こちらの道の駅は公園がかなり豪華でお子さんがいらっしゃる方にはオススメです。

また田んぼアートも展望台からみることができます。

休憩施設にはポットや電子レンジがありとても便利な道の駅です。

【車中泊スポット 道の駅いなかだて】駐車場

こちらの駐車場は広く全て無料で停めることができ、なおかつフラットのためとても過ごしやすいです。

昼間は車が多く4割は停まっていたように感じます。

キャンピングカーなどが多く、車中泊される方が多いと思われます。

【車中泊スポット 道の駅いなかだて】トイレ

男子トイレ・女子トイレ・多目的トイレの3種類ありました。

トイレは木を使っている建物でとても気の香りがしました。

そこまで新しくはないですが、清掃されていて臭いは気になりませんでした

【車中泊スポット 道の駅いなかだて】その他の施設など

①売店

野菜やパン、お弁当などたくさんのものが販売していました。

またお土産は種類豊富にありますので、お土産を探されている方にオススメです。

②レストラン

うどん、ラーメンなどが多く名物はありませんでした。

③無料休憩所

休憩所には電子レンジや、ポットなどが自由に利用できました。

またfreeWi-Fiも使用できます。

駐車場ではWi-Fiは入りませんでしたので、使用する時はこの休憩所で使用することをオススメします。

④喫煙所

ありました。

⑤ゴミ箱

⑥公園

遊具がとても豪華でした。

また水道設備がしっかりとしてあり、キャンプ場の炊事場みたいでした。

⑦展望台

展望台から田んぼアートを見ることができます。

展望台の料金は大人300円、小学生100円、未就学児無料です。

【車中泊スポット 道の駅いなかだて】入浴施設

こちらの道の駅に入浴できる施設はありませんでした。

しかしここから約3kmのところに大和温泉という入浴施設がありました。

入浴施設情報

名称 大和温泉

【料金】大人350円・小~高校生150円

【営業時間】6:00~22:00

【休館日】毎月1.15日

【URL】公式HPなし

【住所・地図】

【その他】内湯、露天風呂があります。

古いので、レトロな雰囲気ですが、掃除がきちんとしてあり、清潔感があります。

車中泊マップ【青森県・東北地方・全国】

青森県または東北地方・全国の車中泊スポットをお探しの方は下記の記事やマップをご覧ください。

全国の車中泊スポット

青森県の車中泊マップ

青森県の車中泊スポット一覧ページは下記ボタンをクリック↓↓

青森県の車中泊スポット一覧

 

 

東北地方の車中泊マップ東北地方の車中泊スポット一覧ページは下記ボタンをクリック↓↓

東北地方の車中泊スポット一覧

 

【車中泊スポット 道の駅いなかだて】まとめ

名称道の駅 いなかだて
住所・地図
URL公式HP
入浴施設なし
ゴミ箱あり
その他売店・レストラン・喫煙所・無料休憩所(電子レンジ)・公園(水道施設)・田んぼアート、

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。