ポータブル電源を【超解説】格安/人気/大容量別におすすめをランキング!

道の駅しらとりの郷・羽曳野で車中泊したきました!【ブログ】

関西地方

2019年6月1日からVANLIFE(バンライフ)で日本一周中のとおるんよしみんです。

 

こちらの記事は「道の駅しらとりの郷・羽曳野」の車中泊体験記事になります♪

 

【こんな人におすすめ】
・大阪県で車中泊できる場所を探している人
・道の駅での車中泊は実際どうなのか気になっている人
この記事は筆者自身が実際に現地で確認し、情報を記載しております。
またオススメ度等はあくまでも筆者の基準に基づいて算出しており、車中泊スポットを決める際にご参考程度に読んでいただけると幸いです。
また私達が現地で取材した後に車中泊禁止の看板が掲載されることもございます。その場合は速やかに車中泊を中止し、車中泊を控えていただきますようご協力お願いします
道の駅等の公共駐車場にて長期滞在やキャンプ行為などはせずマナーを守っていきましょう。
スポンサーリンク

道の駅しらとりの郷羽曳野で車中泊できました!

 

実際に2022年5月に行ってチェックみましたが、車中泊できるよ!

24時間使用可能なトイレ、駐車場あり!

また「車中泊禁止」の看板もないよ!!

私たち以外にも車中泊されている方もいたので安心。

 

注意書きの看板ありました!

スポンサーリンク

【車中泊スポット 道の駅しらとりの郷・羽曳野】オススメ度を発表

 

私達が実際に2022年5月に車中泊してみてチェック!!

 

駐車場(広さ・フラット)★★★★★
トイレ(綺麗さ)★★★★★
周囲の静かさ★★★★★
付帯設備の満足度★★★★★
とおるんよしみん
とおるん
よしみん

総合評価・・・★★★★★

 

こちらの道の駅は梅田駅から車で約30分のところに位置してます!

奈良観光でも大阪観光でも使える車中泊スポットです。

 

【車中泊スポット 道の駅しらとりの郷・羽曳野】駐車場

 

昼間はかなり駐車場埋まってて人気の駐車場でした!

 

 

【車中泊スポット 道の駅しらとりの郷・羽曳野】トイレ

 

ちょっと古いトイレですが、汚れや匂いは気にならないです。

【車中泊スポット 道の駅しらとりの郷・羽曳野】その他の施設など

 

①売店

野菜がたくさん売ってますし、安かったです。

お土産を売っているお店もありました!

あとお肉がたくさん種類あって私達は焼き豚買いましたが、おいしかったです!!!

パン屋さんがありました!!!

②レストラン

レストランがあって、ランチは人気でした!!!

③無料休憩所

トイレの横にあって、椅子や机もありました!

 

④EV急速充電スタンド

⑤ゴミ箱

自動販売機のゴミ箱がありました!

燃えるゴミなどを捨てるゴミ箱はありません。

⑥バーベキュー広場

道の駅にバーベキュー広場があります!!!

料金は下記の記載してます。

【利用料金】

≪区分1≫(9時30分から13時30分):1区画600円

≪区分2≫(13時45分から17時45分):1区画600円

≪1日利用≫(9時30分から17時45分):1区画1,200円

 

 

スポンサーリンク

【1000円以下】全国温泉・入浴施設マップ

 

全国の1000円以下の温泉・入浴施設を下のマップで確認できるよ!

入浴料金によってマークの色を変えてるよ!

 

無料・・・オレンジ

1円~500円・・・黄色

501円~1000円・・・緑色

 

スポンサーリンク

車中泊マップ【大阪府・関西地方・全国】

 

大阪府または関西地方・全国の車中泊スポットをお探しの方は下記の記事やマップをご覧ください。

全国の車中泊スポット

 

 

大阪府の車中泊マップ大阪府の車中泊スポット一覧ページは下記ボタンをクリック↓↓

大阪府の車中泊スポット一覧

 

 

関西地方の車中泊マップ関西地方の車中泊スポット一覧ページは下記ボタンをクリック↓↓

関西地方の車中泊スポット一覧

 

 

スポンサーリンク

車中泊でおすすめのラジオ&記事を紹介!

 

おす

おすすめの車中泊ラジオ

※ラジオのため音声のみです!(映像はなし)

▼バンライフのメリット&デメリットは?(ラジオ)

▼車中泊女子の生理の時のお風呂は?ヘアセットは?(ラジオ)

 

よしみん
よしみん

ラジオなので何か作業しながらでも聞けるよ〜♪

 

スポンサーリンク

【車中泊スポット 道の駅しらとりの郷・羽曳野】まとめ

名称道の駅しらとりの郷・羽曳野
住所・地図
URL公式HP
入浴施設なし
ゴミ箱あり
その他売店・レストラン・喫煙所・EV・無料休憩所・バーベキュー広場

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。