【有料note】バンライフのお金事情・稼ぎ方 バンライフの教科書〜お金は大事だよ〜

和歌山市内「ドッグラン駐車場」に車中泊してみた!

関西地方

2019年6月1日からVANLIFE(バンライフ)で日本一周中のとおるんよしみんです。

 

こちらの記事は「紀の川第一緑地ドッグラン」の車中泊体験記事になります♪

 

【こんな人におすすめ】
・和歌山県和歌山市で車中泊できる場所を探している人
・道の駅以外での車中泊は実際どうなのか気になっている人
この記事は筆者自身が実際に現地で確認し、情報を記載しております。
またオススメ度等はあくまでも筆者の基準に基づいて算出しており、車中泊スポットを決める際にご参考程度に読んでいただけると幸いです。
また私達が現地で取材した後に車中泊禁止の看板が掲載されることもございます。その場合は速やかに車中泊を中止し、車中泊を控えていただきますようご協力お願いします
道の駅等の公共駐車場にて長期滞在やキャンプ行為などはせずマナーを守っていきましょう。

車中泊できました!

 

実際に2021年1月に行ってチェックみましたが、車中泊できます。

24時間使用可能なトイレ、駐車場があります。

また「車中泊禁止」の看板もありませんでした。

私たち以外にも車中泊されている方もいました。

 

 

【車中泊スポット 紀の川第一緑地ドッグラン】オススメ度を発表

 

道の駅に私達が実際に2021年1月に車中泊してみてチェックしてみました。

 

駐車場(広さ・フラット)★★★★★
トイレ(綺麗さ)★★★★★
周囲の静かさ★★★★
付帯設備の満足度★★★★★
とおるんよしみん
とおるん
よしみん

総合評価・・・★★★★★

 

和歌山市内でなかなか無料で車中泊するところがないので、とても助かりました。

しかしトイレも古くあまり綺麗ではないので、綺麗好きな方には厳しいと思います。また夜は真っ暗になりますので、ご注意ください!

 

【車中泊スポット 紀の川第一緑地ドッグラン】駐車場

 

あまり広くなくて、朝起きた時には満車になっていました!

 

下は砂利なので、たくさん雨が降った時はぬかるみになる可能性があります。

 

 

【車中泊スポット 道の駅紀の川第一緑地ドッグラン】トイレ

 

小さなトイレが1つありました。

押すと水は出ますが、あまり綺麗ではありません。

 

 

トイレは古く匂いもしました。

トイレットペーパーあり

 

【車中泊スポット 紀の川第一緑地ドッグラン】その他の施設など

 

①ドッグラン

 

とても広いドッグランでした!

 

【車中泊スポット 紀の川第一緑地ドッグラn】周辺情報

 

【温泉】

約2km離れたところに「ふくろうの湯」という温泉があります。

ここは温泉だけではなく、岩盤浴もあります。

 

・料金

大人 1000円

小人 500円(4歳以上小学生以下)

 

・定休日

第3火曜日

 

・営業時間

月〜木・日曜日 10:00〜23:00

金・土・祝日前日 10:00〜24:00

 

「ふくろうの湯」公式HP

 

【買い物】

1km以内に24営業のオークワというスーパーがあります。

 

無料駐車場あり(車高制限なし)

「オークワ」公式HP

 

 

【1000円以下】全国温泉・入浴施設マップ

 

全国の1000円以下の温泉・入浴施設を下のマップで確認できます。

入浴料金によってマークの色を変えました。

 

無料・・・オレンジ

1円~500円・・・黄色

501円~1000円・・・緑色

 

車中泊マップ【和歌山県・関西地方・全国】

 

和歌山県または地方・全国の車中泊スポットをお探しの方は下記の記事やマップをご覧ください。

全国の車中泊スポット

 

山梨

和歌山県の車中泊マップ

和歌山県の車中泊スポット一覧ページは下記ボタンをクリック↓↓

和歌山県の車中泊スポット一覧

 

 

関西地方の車中泊マップ関西地方の車中泊スポット一覧ページは下記ボタンをクリック↓↓

関西地方の車中泊スポット一覧

 

車中泊おすすめの記事・グッズ

 

とおるんよしみん
とおるん
よしみん

私達のおすすめの記事・グッズをご紹介します♪

車中泊好きには必見!!!

 

 

私達も実際に使用しています

▼実際にに使っているベッドマット

▼車中飯・キャンプ飯で大活躍!ホットサンドメーカー!

よしみん
よしみん

長く車中泊するなら寝ること、そして食べるものはすごく大切です♪

 

【車中泊スポット 紀の川第一緑地ドッグラン】まとめ

 

名称紀の川第一緑地ドッグラン
住所・地図
URL公式HP
入浴施設なし
ゴミ箱あり
その他ドッグラン

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。