【ポータブル電源を超解説】格安/人気/大容量別におすすめをランキング!

大阪の車中泊スポット「里山ベースハナビ」で車中泊してみた!

関西地方

VANLIFE(バンライフ)で2019.6.1~日本一周中のとおるんよしみんです。

 

こちらの記事は「里山ベースハナビ」の車中泊体験記事になります♪

【こんな人におすすめ】
・大阪府で車中泊できる場所を探している人
・有料車中泊スポットCarstayはどうなのか?気になっている人
この記事は筆者自身が実際に現地で確認し、情報を記載しております。
またオススメ度等はあくまでも筆者の基準に基づいて算出しており、車中泊スポットを決める際にご参考程度に読んでいただけると幸いです。
また私達が現地で取材した後に車中泊禁止の看板が掲載されることもございます。その場合は速やかに車中泊を中止し、車中泊を控えていただきますようご協力お願いします
道の駅等の公共駐車場にて長期滞在やキャンプ行為などはせずマナーを守っていきましょう。

大阪府「里山ベースハナビ」で車中泊体験!

実際に2020年7月に行ってチェックみましたが、車中泊できます。

24時間使用可能なトイレ、駐車場があります。

こちらはCarstayが公式に車中泊してもいい場所として登録している場所です。

〉〉里山ベースハナビの車中泊予約・詳細ページ

【車中泊スポット 里山ベースハナビ】オススメ度を発表

道の駅に私達が実際に2020年7月に車中泊してみてチェックしてみました。

駐車場(広さ・フラット)★★★★★
トイレ(綺麗さ)★★★★
周囲の静かさ★★★★★
付帯設備の満足度★★★★
とおるんよしみん
とおるん
よしみん

総合評価・・・★★★★

こちらはシェアハウスなので住民とも交流をします。

庭には鶏がいたり、野菜を栽培していたり自然を感じました。

【車中泊スポット 里山ベースハナビ】駐車場

入り口がかなり狭く急な坂です。

そこを登ると広い駐車場があり特に線がないので、適当に駐車していいとのこと。

駐車可能台数2台
1台あたりの駐車スペース高さ制限なし
1台あたりの駐車スペース幅2.3m
1台あたりの駐車スペース5m

【車中泊スポット 里山ベースハナビ】トイレ

里山ベースハナビの建物自体は古いですが、トイレは新しくかなり綺麗です。

【車中泊スポット 里山ベースハナビ】その他の施設など

①ごみ処分

1袋200円で処分していただけます。

燃えるゴミ、燃えないゴミの2種類に分けて捨てます!

②キッチン

キッチンを追加料金なしで使用することができます!

③シャワー

2つありますがどちらも新しくてとても綺麗です。

シャンプーなどはありません。

洗面所にはドライヤーがあります。

④電源

Carstayのサイトには記載はありませんが、コワーキングスペースは無料で利用可能です。

ここでポータブル電源の充電などをしていいようです!

【車中泊スポット 里山ベースハナビ】予約

こちらで車中泊する場合は事前にCarstayで予約が必要です。

①Carstayでログインする
②車中泊スポットを探す
③予約する(電源、温泉など必要な物も追加する)
④現地に行って車中泊する
ファームステイ近江は1泊1500円です。

私達は
ゴミ処分(200円)とシャワー2人分(300円✖️2人分)を追加したので、合計2300円でした。

【1000円以下】全国温泉・入浴施設マップ

全国の1000円以下の温泉・入浴施設を下のマップで確認できます。

入浴料金によってマークの色を変えました。

無料・・・オレンジ

1円~500円・・・黄色

501円~1000円・・・緑色

車中泊マップ【大阪府・関西地方・全国】

大阪府または関西地方・全国の車中泊スポットをお探しの方は下記の記事やマップをご覧ください。

全国の車中泊スポット

大阪府の車中泊マップ

大阪府の車中泊スポット一覧ページは下記ボタンをクリック↓↓

大阪府の車中泊スポット一覧

 

 

 

関西地方の車中泊マップ関西地域の車中泊スポット一覧ページは下記ボタンをクリック↓↓

関西地域の車中泊スポット一覧

 

 

車中泊おすすめの記事・グッズ

とおるんよしみん
とおるん
よしみん

私達のおすすめの記事・グッズをご紹介します♪

車中泊好きには必見!!!

私達も実際に使用しています

▼実際にに使っているベッドマット

▼車中飯・キャンプ飯で大活躍!ホットサンドメーカー!

よしみん
よしみん

長く車中泊するなら寝ること、そして食べるものはすごく大切です♪

【車中泊スポット 里山ベースハナビ】まとめ

名称里山ベースハナビ
住所・地図
URL「里山ベースハナビ」予約・詳細ページ
入浴施設あり
ゴミ箱あり
その他キッチン、コワーキングスペース

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。