私達の【現在地】とこれからの予定!!

モルディブのローカル島ビリンギリ島とマーレ観光~ピースボート~

世界一周

世界一周した旅する仲良しクリエイターのとおるんとよしみんです。

モルディブといえばビーチのイメージが強いと思います。

でもリゾート地って高いんじゃないかな?と心配になりますよね。

でも私達が行ったビリンギリ島は安くてビーチも楽しめますのでオススメです。

 

モルディブの1日観光の動画での様子はこちらです!

【モルディブ】こんな綺麗なビーチにたった25円で行けるの!?【海外】【仲良し夫婦】
スポンサーリンク

マーレに上陸するまでのテンダーボート

ピースボートでは大きな船が港に着岸できないため、テンダーボートにてマーレに上陸します。

 

まずそのためには朝7階から整理券が配られます

6時から並んで37番と38番をゲット!

1番でテンダーボートに乗れました。

テンダーボートの中はこんな感じで、満席です。

テンダーボートがかーなーりー揺れます。

私達がいつも乗っているオーシャンドリーム号と比べるとこんなにも小っちゃな船に乗ります。

携帯を海に落とした人もいるみたいなので、ポケットに携帯など入れると本当に危険です!

約10分で到着します。

私達は8時30分ぐらいにマーレに到着。

ちなみに整理券番号400番代の方は10時くらいに到着したみたい!

 

この辺りに到着しました。

スポンサーリンク

ビリンギリ島のフェリー乗り場まで

約30分間ぐらい町並みを見ながら歩くと、ビリンギリ島行きのフェリー乗り場まで行けます。

場所はここ!!

街にはバイクや車がたくさん通っているので気をつけて歩いた方が良いと感じました。

スポンサーリンク

ビリンギリ島行きのフェリー

まずチケットを購入します。

1人MVR3.25(約25円)支払うと、黄色いチケットがもらえます。

もし現地のお金がなかった場合は米ドルでの支払いも可能ですが、1米ドルで2人分購入するとほんの少しだけおつりもらえるみたいなので割高になります。

それにしてもかなり安いですよね。

 

購入する際は1か所は英語が通じて、もう1か所は英語が通じないので注意です。

この黄色いチケットを見せると半分ちぎられ船に乗れます。

そしてチケット買った時に言われたGATE1で待ちます。

船の中はこんな感じ。

結構人数乗れますが、、午前中に9時に乗るとほとんど人がいなくて5分の1ぐらい席が埋まっているようです

観光客というより現地の方の方が多く感じました。
到着!!先程の半分ちぎられたチケットの残りを渡すことによって、船から降りれます。

スポンサーリンク

ビリンギリ島の概要

モルディブと聞いたらリゾートというイメージが強いかもしれませんが、ビリンギリ島はローカルな島です。
ここでは現地の方が生活されており、食堂、学校なとあります。
とても小さくて20分ほどで一周歩けちゃいます。
リゾート地として観光客が多い島は水着でビーチに入れることが多いですが、こうしたビリンギリ島のように現地の方が多く住んでいる島は水着で入ることができないことが多いです。
理由はモルディブに住んでいらっしゃる方はイスラム教の方が多く、肌の露出は避けているためです。
私達にとって意外でした。
モルディブといえばリゾート地!
だから水着で入るものと思い込んでいました。
もしモルディブに行かれる際は、水着でビーチに入れるのかどうかを調べて行く島を選んだ方がいいと思います。
スポンサーリンク

ビリンギリ島のお店

港のすぐそばにあるお店。

ちょっと変な匂いがするのでちょっと近づけなった。笑

5分くらい歩くとこのお店に到着!!
ちょっと喉の調子が悪かったのでⅤINCHSKEの飴を購入!!

1つ1MVR(約7円)で3つ買うと2MVR(約14円)になるみたい!

1つ舐めてみたらおいしかったので、30個購入!20MVR(約140円)

 

他は午後から買おうかと話していたら、お店が昼の休憩に入ってしまって買えませんでした

もし買いたいものあれば早めに購入しておくことをオススメします。

スポンサーリンク

ビリンギリ島のレストラン

レストランと言ってもほとんどなくて地元の方が行っているカフェみたいなところに行きました。

観光客用のレストランは見当たりませんでした。

Cafe 9 Tea 9

ここでは英語が通じました。 店内に色々なものがショーケースに入っているので、何を何個というように注文できます。

ちなみに値札がありません。

・フレンチトーストみたいなのを2枚

ちょっと甘めですが、おいしい。

・どら焼きの周りの生地よりもちもちした甘い物を1枚

もちもちとしていて甘くておいしい。

・500mlの水を1本

・チキンカレーを1皿 ご飯はかなりの量があります。

カレーは何種類かあり、チキンカレーは辛くないと言われたので注文したら激辛!!!

とおるんいわくココ壱番屋の5辛よりももっと辛いみたいです。

よしみんは辛いのが苦手なので、ちょっと舐めてみたら舌がヒリヒリしてヤバかったです。

・コーヒー 1杯

 

普通のコーヒーの味。

写真は右。

合計で56MVR(約404円)

 

このパリパリしたおやつみたいなのはサービスみたいです。

塩味でなかなかおしいしいが、すぐにしっけてしまいます。

きちんとレシートをもらえます。

ちなみにここの2階にはトイレがあり、海入った後にそこのトイレで着替えさせていただきました。

ビーチからも歩いてすぐなので、とても便利です。

スポンサーリンク

ビリンギリ島は町並みがカラフルでかわいい

町並みがカラフルでかわいいです。

写真を撮ろうとしたら、カメラに入って一緒に撮ろうってなります。

モルディブの人はよく話しかけてきてくれた、とてもフレンドリーでした。

スポンサーリンク

モルディブの選挙について

あちらこちらに黄色、ピンクなどの旗がありました。 また色々な候補者の絵が町中に貼られていました。

ピースボートの中でモルディブについての講義があったのですが、モルディブは選挙の影響がかなりあるそうです。

そのため私達が訪れた時はちょうど選挙前で、かなり選挙に力が入っているように感じました。

 

スポンサーリンク

ビリンギリ島のビーチ

海はとてもきれいでした。

水着になってはいけないビーチには看板があるというのを聞いていて、ここのビーチは看板が見当たらなかったため、水着で泳いでました。

そうすると警察が来て、『水着はダメ。上を着ろ!』と怒られちゃいました。

 

そのためこのビーチでは露出はできません。

しかし水着の上からTシャツを着れば泳いでもいいそうです。

場所はここ!!

もしダイビングやシュノーケルをしたい方Divers Lodge Maldivesで申し込みできます。

シュノーケリングの道具(マスクとフィン)のレンタルで5米ドル(約560円)

ダイビングは30米ドル(約3350円)でできるみたいです。

ちなみにダイビングはライセンス持ってない方でも大丈夫で、1人のお客さんに対してインストラクターが1人つきますので初めての方でも安心です。

ビーチから歩いてすぐにあります。

 

スポンサーリンク

マーレのお店をご紹介します

その後はマーレに戻って町を楽しみました。

その際choiceという売店に行きました。

フルーツ、野菜、パン、調味料など大きなお店ではないけど、スーパーマーケットで売っているものは変わりありませんでした。

私達は2種類のアイスを買いました。

Calippo (オレンジ)20MVR(約144円)

おいしさレベル3.5

着色料などがたくさん入っていて体に悪そうな食べ物ですが、オレンジ味でさっぱりしています。香りは人工的なオレンジの香りがします。

とても暑かったのでさっぱりできました。

MAGNUM(HAZELNUT LUXE)税込み32MVR(約230円)

おいしさレベル4.5

チョコが濃くてすごくおいしい!!でもちょっと値段が高いです。

お昼に休憩をとるお店が多くて12:00以降は閉まっているお店が多かったです。

スポンサーリンク

マーレの市場

市場の前に『写真撮って』と何度もポーズしてくるお兄さんがいます。

お金が欲しくて写真をお願いしているわけではなく、ただ写真を撮ってほしいだけみたいです。

撮った写真を見せるととっても嬉しそうにどこか行きました。笑
ここは果物屋さん。 たくさんの果物が販売されています。

でもめっちゃバナナが大きいのが印象的!!

おいしそうな果物がいっぱい!!
魚も販売されていました。

でも、生臭いにおいがすごくして、おぉぉぉってなっちゃいました。

スポンサーリンク

マーレの商店で買い物

マーレに来てよく現地の方が食べている謎な物が気になって気になって仕方なかったので、購入しました。

それがこれ!!

何かよく分かりません。笑 何かの実をスライスしたみたいな感じです。

でも現地の方がおいしそうに食べている方多かったので、買っちゃいました。

でも全くおいしくなかったです。

木をかじっている気持ちになれます。笑

マンゴージュース 7MVR(約50円)

濃厚な味でおいしい!!

安定のプリングルスのオリジナル味とサワークリーム味。

各12MVR(約86円)

両方安定したおいしさでした。

チョコレートが食べたいというとおるんの希望により購入。

15MVR(約108円)

これはおいしかったです。

でもチョコなので多少溶けていました。

 

まとめ

・モルディブには水着で泳いでいいビーチと泳いではいけないビーチがあるので注意。

・ローカルな島に行きたい場合はビリンギリ島はオススメ

・ビリンギリ島はフレンドリーな人が多くて、街並みもかわいい

・物価が安い

 

モルディブはリゾート地のイメージがありましたが、私達が行った島は地元の方が住んでいる島で、イメージとは違いました。

とてもフレンドリーな方が多くて仲良くなれて楽しかったです。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント