私達の【現在地】とこれからの予定!!

なぜ旅するをするのか?旅の魅力って何?

世界一周

世界一周した旅する仲良しクリエイターのとおるんとよしみんです。

 

今回はなぜ旅をするのかについてお話ししたいと思います。

私達旅行をしていなかった時期もあるし、まして一人旅なんて怖いと思っていた時期もあります。

よく本で読むような旅人みたいな感じでは元々なくて、小さいころから旅にハマっていたという人ではなく海外デビューもとおるんは25歳、よしみんは24歳とそこまで早くないです。

 

でもそんな私達がここまでハマった旅の魅力や、なぜ旅をするのかについてお話ししたいと思います。

少しでも旅の魅力が伝わったら嬉しいです。

スポンサーリンク

旅にはまった理由

もともと外に出かけるのが好きな私達。

 

よしみんが旅行にはまったのは2010.12

今でも鮮明に覚えているぐらいの私の中の衝撃でした。

 

よしみんは2010.10に6年以上付き合っていた彼にフラれ、本当に人生のどん底だと思っていました。

これからの事考えると不安で、これからどうなるのか?と毎日ネガティブな感情で夜も寝られない日が続いていました。

考えれば考えるほど悪い方向しか考えられなくて、なんでこんなに辛い思いしなきゃいけないんだろう。

どうしていいか分からないの繰り返しでした。

 

それから2010.12神戸のルミナリエを見ました。

ルミナリエとは阪神淡路大震災の犠牲者の鎮魂と復旧を願う光の祭典。

1995年から毎年12月に開催されている光の祭典です。

 

よしみんはずっとテレビでルミナリエを見ていて実際見に行きたかったので、やっと自分の目で見れました。

その時ルミナリエのきれいさにとても感動したのを今でも思っています。

 

特にその時は気持ちが落ちていて、今後どうなるんだろうと不安いっぱいでしたが、世の中にはこんなに綺麗なものあるんだ。

もっともっときれいな景色を見たいと強く思えました。

何で今までルミナリエ見たかったのに我慢してたんだろうって。

これまで我慢していた分今からは自分の気持ちに素直になって、行きたい見たいと感じたら行動しようと思えました。

 

今でもこの時ルミナリエ見に行って良かったと思ってます。

ルミナリエを見てなかったら、今でもネガティブで、行動できない自分なのかなと考えたら恐ろしいです。

 

それからはインターネットで調べて行きたいと思ったところには行き、自分の目で見て感じるということを大切にして様々なところに行きました。

 

人生いつ何が起こるか分からない。

来年行こうと思っていても来年が来ると保証はどこにもない。

今自分がしたいことにもっともっと正直になって前に進もう。

 

この気持ちでたくさんの経験をしたり、旅をしてきました。

 

その後2012年に登山でとおるんと出会い付き合うことになります。

スポンサーリンク

付き合ってから旅をたくさんしました。

よしみんが旅行好きということもあって付き合ってから色々なところに旅行に行きました。

長崎のちゃんめん。

ちなみに2ショットはこれが初めて。

顔が切れまくりの髪ぐちゃぐちゃです。笑

長崎の稲佐山の夜景を見に行ったら、嵐のようになっており、ふたりともびっちゃに。
淡路島の夏フェスに参加。

鹿児島アートの森。

よしみんの好きな草間彌生さんの作品。

島根県の出雲で蕎麦を食べている時。

一緒に初めて海外行ったのは台湾。

屋台でお腹こわしたよしみんが復活して嬉しそうに食事している様子。

他にも本当にたくさんの所に行きました。

今まで行ったことあるところに行っても、誰と行くかでまた違うように感じれるし、同じ旅行はなく何度でも感じるものが変わってきます。

スポンサーリンク

人が成長するための3つのこと

人が成長するためには3つのことが必要と本で読んだことがあります。

①本を読むこと

若いころは本はあまり読んでいませんでしたが、20代後半からは少しずつですが読む時間を作るようにしてます。

今ではもっと早く本を読んでいればと思えるくらい本からたくさんの情報があることを知れました。

インターネットで購入すると本屋まで行く時間なくても本は手に入る時代だし、お金がないなら図書館に行けば無料で本は借りれるから、これからも時間を作って本は読み続けたいです。

②人に会うこと

私達は旅行する時はゲストハウスに泊まることが多いです。

人に会いたいから。

人と会うと色々考えさせることあります。

 

よしみんが27歳の時一人で石垣島に行ったら、23歳の女の子に出会います。

その子が

『名古屋に住んでいたけど仕事辞めて、沖縄に行きたいと思ってひとまず来てみた。

これからのことは何するか考えていないし、行きたいと思ったら行動している

と話していたのが衝撃的でした。

 

その時のよしみんは安定ばかり考えていて仕事は正社員で土日休み、残業はないところがいいしか考えてなくて、こうやって自分の今やりたいと思う事に正直になることって今までないなと気づかされました。

 

今まで会ったことのないタイプの人に会うと本当に色々考えさせられます。

そういう方との会話は本当に刺激的で大好きです。

③旅行をすること

旅行することでたくさん感じることあります。

年末年始によしみんんは一人で福島県の五色沼をどうしても見たくて行ったけど、その途中凍った池に足突っ込んでしまい氷が割れて足が埋まうというアクシデントにあいました。

それも足の指の爪が取れて、痛いし氷水は冷たいし、本当に辛かったです。

 

なんとかそこから出れて、帰りのタクシーとの待ち合わせまで急いで行きました。

 

アクシデントがあっためそのタクシーとの集合時間少し遅れてしまった私を、とても心配してくれているタクシードライバーを見ると足が痛いはずなのに、それを忘れて心が温まったのを思い出しました。

 

旅はやっぱりアクシデントたくさんありますが、それを乗り越えるのもまた楽しいです。

物はなくしちゃうけど、経験って誰にも奪われないし、自分の心の中で持ち続けられるので旅って素晴らしいです。

スポンサーリンク

旅で学んだこと

①考え方がたくさんある

以前ゲストハウスで

『何日間旅行するの?』と海外の方に聞かれて

『2泊3日』と言うと

『何でそんなに短いの?』と聞かれます。

 

日本なら仕事の休みで旅行しているから2泊3日にあまり疑問を持たれないと思うのですが、海外の方からすればもっと長く旅行すればいいのに何で短いんだろう?と不思議に感じるんだと驚きました。

 

日本だと働いて働いて2・3日の休みにちょっと旅行行くのでも、会社の人に気を遣いながら休んでいる人もいると思います。

私もそうでした。

それが普通だと思っていて、それを不思議にも思えなかったんです。

 

でも『何で短いの?』と聞かれた事によって色々考えました。

日本の常識が世界では通じないこともあるし、真逆のことだってあるんだなと。

でもそれを自分自身で気づくことってなかなかできなかったし、全然違う環境にいるからこそ疑問に思ってくれて考えさせてくれたんだなと思います。

 

1つの事に対して自分では一方向からしか見れないけど、色々な人がいたら色んな視点で見れて、そういう見方があったのかと気づかされることがあります。

それで自分が間違っているとかではなくて、違う人の意見を聞いてそういう意見もあることを知ることはすごく大切かなと感じます。

②経験が自信になる

私達は二人とも英語がそんなに話せません。

日常会話くらいとかのレベルではなくて、『いくらですか?』とかの本当に最低限の値段を聞くことと、『ここに行きたいです』の自分がこれ食べたい、ここ行きたいなどしか基本的に話せません。

だから困ったことたくさんあり、空港でアメリカに入国する際は質問が分からなくて、携帯のGoogle翻訳に質問を全て入力して会話したことあります。笑

 

でも海外だから英語話せずに行かないという選択をするのではなくて、英語が話せなくてもチャレンジすることにより自信につながります。

 

こんな感じですがお互い一人で海外行ったことあります。

その時ももちろん英語通じなくて大変な思いもしましたが、一人海外旅行できたという自信になりました。

でもそれって経験しないと身につかないし、自分で感じないと分からないんです。

 

またよしみんは初めての一人国内旅行の時は不安でした。

とっても不安でなぜか20万円くらい持って行き、口座にもお金を入れていつでもどこでもおろせれるようにと準備しました。

実際10万円も使っていないです。

きっと経験がなかったから自信がなくて、お金なくなったらどうしようとばかり考えていたんだと思います。

一回経験しちゃうと自信になってそれから連休の度に一人旅してました。

 

経験したことないことについては不安を感じるけど、経験したら自信になり行動できる。

でもこれはいくら周りが言ったとしても分からなかったし、経験したからこそ感じられたことです。

 

自信がついたら行動をもっとできるようになって、さらに自信がつくようになります。

もちろん失敗したなってこともありますが、経験しないとそれは分からないので失敗もしてよかったなと思います。

③新しい自分に気づける

旅でたくさんの初めての事を経験しました。

ダイビング、シュノーケリング、そば打ち、灯籠上げ・・・本当にたくさんの事経験しました。

 

楽しそうと思っていても実際やると苦手だったり、ちょっと苦手かなと思ったことが楽しかったり。

実際やってみないと分からないことばっかりです。

自分の事は一番自分が分かっていると思っていましたが、案外分かってないことも多くて、こんな自分いたんだと気づけるのが楽しいです。

スポンサーリンク

一人旅をオススメします!

友達と行ったり、恋人と行ったり、家族と行ったりと色々な違う楽しみ方ありますよね。

もちろんそれも楽しいですが、一人旅は特にオススメです。

 

よしみんが一人旅しようと思った理由

先程お話しした通りよしみんは初めての一人旅の時すごく怖がっていました。

でも一人旅しようと思ったのは東日本大震災の現場を自分の目で見たいという気持ちからでした。

 

私は初めて行った国は韓国で台湾の方と出会いました。

その台湾の方が『津波や地震の影響でたくさん被害あったと思うけど、東北の方はもう大丈夫?』

と聞かれました。

 

東日本大震災の事はもちろん知っていましたが、今どうなっているのか?

復旧は進んでいるのか?分からず答えられませんでした。

海外の方が心配してくださっているのに、私は日本であんなにも大きな被害があったことも分からないだなんて・・・。

 

そんな思い東北に行くことに決めます。

①自分で全て決めなきゃいないことにより自分の力になる

でも被災地を見に行くのに、友達を誘うのもどうなのかな?と思ったので、自分で行きたいなら一人で行けばいいかなと思い行くことに決めました。

 

その時は泊るところは予約はしたけど、自由に動きたいと思って交通手段は予約はしませんでした。

そのためたくさん迷って、色々な方に道を教えていただきました。

困った時は今まで誰かと旅行に行っていたので、相談しながら行き方を考えてましたが、今回は一人なので自分で調べるのか?誰かに聞くのか?とにかく自分で全てしなきゃいけないです。

 

予定通り行きたいところに到着しなくて、どうやったらスムーズに動くのかを考えたりと必死に色々考えて行動します。

日常ではそんなにたくさん自分自身で考えて行動してということが、こんなにも頻繁に起きなかったので、とてもいい経験になりました。

 

一人だからこそ自分で全て決めて、行動します。

本当にそれが大切です。

そのため自分に自信がつき、自分の事が好きになれます。

②一人旅だと自分の自由に動けるのでとても楽

朝起きて眠かったら、もうちょっと寝ようということもできますし、急な予定変更も誰にも迷惑かけずにできます。

好きな時間に好きな場所に行けて、とても楽に行動できます。

そのため相手に合わせて焦ったり、行きたくないところに行くこともないです。

 

何にも縛られず、自分らしく自分の好きなように旅ができるのは一人旅のいいところだなと感じます。

③一人の方が友達もできやすい

誰かと一緒に旅行してると一緒にいる人と話す事が多いです。

そのため現地で出会う人となかなか仲良くなるってことがなくて、友達ができにくいです。

 

でも一人でいると話しかけられることも多く、仲良なれることもあります。

特にゲストハウスだと一人で来ている方も多く、一人の方が仲良くなれることが多いです。

初めて会ったけどゲストハウスでちょっとお話しして仲良くなったら『一緒にご飯行こう』や『一緒に飲みに行こう』となることもあり、そこからもっと仲良くなれることもあります。

④自分と向き合える時間がある

毎日朝から夜まで仕事をして、仕事終わった後はのんびりテレビを見る方多いと思います。

そうすると案外自分と向き合う時間ってなかなかないんです。

今自分が何を思っているのか?今何をしたいのか?これからはどうしたいのか?

 

心の中の整理する時間がたまにはあってもいいと思います。

旅をする前は正直この時間はなかったです。

なんとなく毎日が過ぎて毎日がそのまま終わって、何も疑問を持たずに毎日過ごしていました。

 

でも旅をし出してからこのままでいいのか?将来はどうしたいのか?について考えだしました。

スポンサーリンク

まとめ

人が成長するために必要なこと
①本を読む
②人に会う
③旅行をする
旅をしてみて気づいた旅の魅力
①たくさんの考えがあることに気が付けた
②経験が自信になる
③知らない自分が知れる
一人旅をオススメする理由
①自分で全て行動しないといけないので自信になる
②自分の自由に動けるので楽
③友達ができやすい
④自分と向き合う時間がある
私達は旅から学んだ事をお話ししてみました。
本当にたくさんの魅力がある旅。
いくら考えても人の話聞いても、自分で感じてみなきゃ分からない。
旅をしたいと感じたならすぐに行動してみよう

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント