私達の【現在地】とこれからの予定!!

ふるさと納税って簡単にできる?やり方を紹介!【お得情報】

節約術・お金

【よしみんの得TOKU情報】
〜ふるさと納税で高級なお肉、魚介類、フルーツをもらいました〜

ふるさと納税という言葉は聞いたことあるけど、難しそうと思っている方が多いみたいなので(私も思ってました)実際どうやってやるのかをご説明したいと思います。

スポンサーリンク

ふるさと納税の仕組みをご説明

ふるさと納税とは地方自治体への寄付です。

好きな自治体に寄付をして、その自治体から寄付のお礼として様々な返礼品をもらえます。

 

ふるさと納税制度をうまく利用して実質自己負担2000円で、お米、お肉、魚介類などの返礼品を手に入れる事ができます。

ふるさと納税分が翌年分の住民税や所得税から減ることになります。

(所得によって控除金額が異なります)

ふるさと納税のやり方をご説明します

ワンストップ特例について今回はご説明します。

一般的なサラリーマンはワンストップ特例が使える事が多いです。

ワンストップ特例制度とは、確定申告を行わなくても、ふるさと納税の寄付金控除を受けられる仕組みです。

 

下記がワンストップ特例が適用される2つの条件です。
・寄付を行った年の所得について、確定申告する必要がない
・寄付を行った自治体が5自治体以下

 

①ふるさと納税する金額を調べる
収入と家族構成(扶養にしている家族の人数)で金額は決まります。
およその目安の金額
・年収300万円 扶養なし 約28000円
・年収500万円 扶養あり 約50000円

ふるさと納税の金額の計算はこちら

簡単に計算できます。

②①で調べた金額内でふるさと納税する自治体を決めて寄付をする
※その際ワンストップ特例申請書の有無にチェック

ふるさと納税申し込みはこちら

③お礼品とワンストップ特例申請書を受け取る

 

④身分証明書のコピーと、ワンストップ特例申請書に必要事項を記入して各自治体に送る

私達はうなぎ、マスカット、エビ、野菜、スイカ、お肉、カニをもらいました。


ふるさと納税するまでは難しいと思っていましたが、実際やるとすごく簡単でした

ふるさと納税という言葉は知っているけど、やったことがないという方でも簡単にできるのでこの記事を読んでいただいて今年こそやっていただけると嬉しいです。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし私達にお問い合わせしたいことがありましたら、下記のページからお問い合わせお願いします。

お問い合わせはこちら!

コメント