私達の【現在地】とこれからの予定!!

シンガポール1日観光~ピースボート~

世界一周

世界一周した仲良しクリエイターのとおるんとよしみんです。

 

2018.9 ピースボート99回クルーズでシンガポールに行きました。

シンガポールはたくさんの魅力がありますが、私達はマーライオン、チャイナタウン、ガーデンバイザウェイの中のOCBC skyway にしました。

色々な魅力があるシンガポールはもっと何日もかけて回りたいなと思います。

 

私達が1日観光でどこに行って何をしたかを詳しくお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

シンガポールの地下鉄

まずは移動手段です。

シンガポールは地下鉄が発達しており、とても便利で安く乗れるのと、待ち時間も少ないのでオススメです。

HarbourHront駅は港からすぐにありました。

場所はここ!

もし旅行する前にインターネットで色々調べたいと思われる方は、スタバが近いのでそこで調べるのもいいですね。

チケットの買い方

現金もしくはクレジットで支払いします。

大きなお金は使えないので、両替の時は小さなお金をくださいと言ってみましょう。

 

チャージするカードを持っていれば左ですが、私達は初めてシンガポールの地下鉄に乗ったので、カードが必要なため左を選択します。

行先を探し、行先をタッチします。 そうすると金額が出てきます。

私達はここで1度ミスをしてしまったのですが、この料金は往復の金額です。

他の方も間違えたとおっしゃっていました。

片道で良かったのに往復買っちゃった・・・って後からなりました。

 

return tirpは往復で single tripは片道なので、注意です!! 片道(single trip)を選ぶと金額が変わります。

往復で買った方がちょっとお得なんですね。 そして2人分必要なので、+のところをおして1ticketとなっているところを2ticketsに変えます。

そうすると料金も変わってきます。 なかなかお札が入りませんでしたが、何度も挑戦して入りました。

(特にお札にしわや破れがないきれいなお札でした) そうすると下からチケットが出てきますよとアナウンスがあります。 チケットが出てきたので取るだけです。

私達が行った時はピースボートの方がたくさんいらっしゃったので、みんなが購入方法を教えあいながら購入してました。

地下鉄乗り方

地下鉄のカードはコレです。

また乗る場合はチャージで使えるので、そのまま捨てない方がいいです。

入場する時にタッチすればゲートが開きます。

またカードに入金されている残高も見れます。

また地下に降りると乗り場があり、日本と同じように右の電車はどこに行くのか?左の電車はどこに行くのか?と丁寧に書いてあり分かりやすいです。
地下鉄のマップがあります。

路線で色が違うので、分かりやすいです。 駅には駅周辺の地図もあります。

これを見て出れば迷うことないので、安心です。

私達はこの地図を写真撮っておき、外に出てもこれを見ながら行動しました。

 

基本的に駅員さんは英語が話せる方が多かったように感じます。

片言英語の私達でも大丈夫だったので、もし迷ったり行き方が分からなければ聞くこともでき安心です。

スポンサーリンク

チャイナタウン

まず1番最初に向かったのはチャイナタウン!

動画でもチャイナタウンの様子が見れます。

お昼と夜は雰囲気が違ってとても素敵です。

【夫婦旅】まるで中国!?シンガポールのチャイナタウンは昼と夜でこんなにも違うのか!【シンガポール】【仲良し夫婦】

チャイナタウンの場所はここ!

お昼のチャイナタウン

チャイナタウン駅の出口Aすぐにこのようなカラフルな提灯がありました。

子供達がたくさんの絵を書いてあり、とてもかわいいです。

町中提灯は飾ってありますが、赤い提灯が多くとても中国っぽさがでています。

壁がかわいい!!!
こんなところに犬が!!!

看板も可愛い!!

たくさんのお土産屋、飲食店などがありました。

しかし昼前に私達は行ったので飲食店は閉まっているお店が多かったです。

ヒンドゥー教寺院があります。

靴を脱いで入るみたいで、無料でした。

中にはお祈りしている方がいらっしゃっいました。

夜のチャイナタウン

夜は昼間より活気があります。

たくさんの飲食店が開いており、お酒が飲めるところが多かったです。 昼間より人は増えていました。

老曽記

エビの頭を唐揚げにしてあるものを購入しました。

おいしさレベル3.5

エビ自体の味はおいしいが、なまぬるくてしっけていまいた。

かむとシナシナしていました。

 

3.9シンガポールドル(約320円)

スポンサーリンク

ガーデンバイサウェイ

ガーデンバイサウェイの中にあるOCBC skywayに行きました。

 

私達は地下鉄Bayfront駅まで行き、その後歩いて向かいましたが、道路が渡れずに結構思ったより時間かかっちゃいました。

あの有名なマリーナベイサンズを見れました!

大きいので遠くからでもすぐ分かります。

よしみんはOCBC skywayの上を歩きたくて楽しみにしていたのですが、この日の天気は雨。

なんと・・・歩けませんでした。

高さ22mから景色が見たかったのに残念でした。

スポンサーリンク

シンガポールのランチ

ランチといってもマクドナルドで食べました。

理由はネットを使いたかったから

私達はペルーからグアテマラまで離脱し11日間の航空券、ホテル、ツアーの予約が必要になり、マクドナルドで作業することにしました。

 

しかしインターネットが結局使えず、ポケットWi-Fiでやることになりました。

他にも日本人がいてネットのつなぎ方教えて欲しいとお願いしてましたが、繋がらない様子でした。

約3時間パソコン作業をがんばりました。

 

ちなみにビックマックセットも注文しました。

6.75シンガポールドル(約540円)

おいしさレベル4

味は日本と変わらなかったです。

オレンジジュースが100%で濃厚でおいしかった。

あとここのマックは中に注文するところが2か所あって、日本でも販売されているようなハンガーガーやポテトが購入できるところと、コーヒーなどの飲み物が購入できる場所の2か所。

ラテで注文しました。

4.5シンガールドル(約360円)

 

店内は広々としていて、清潔感もあり、快適にすごせました。

スポンサーリンク

マーライオン

ご存知の方も多いと思いますが、シンガポールといえばマーライオン!!

ライオンの頭部と魚の体を持つ伝説上の動物の彫刻。

高さ8.6m、重さ70トンで口から噴水のように水を放出。

 

よくこっちから撮っている写真が多いですが、観光客が多くて写真を撮るのも大変。

それもこの日は天気悪くて、風がすごく強いため、水がかなり降ってくるのでカメラが濡れてしまうため、必死にカメラを守っていました。

そのため逆から撮影しました。

こっちは人が少ないから撮りやすかったです。

水も飛んでこないので、オススメスポットです。

 

 

スポンサーリンク

ショッパーズアットマリーナベイサンズ

とても大きなショッピングモールです。

広すぎて迷いそうと思いましたがとても便利なものを発見!

行きたいところを選ぶと地図が表示されます。

それも行き方まで詳しく教えてくれる!!

すごい!!! 建物の中なのに船が通ってます。

めっちゃ豪華すぎです!!
橋もあります。

田舎者の私達には広すぎるし、高級そうな建物ばかりで、居心地が悪い!!笑
そしてなんとカジノまでありました。

ちょっと覗こうかなと思ったらセキュリティのおじさんがいたので、怖くて近づけなかったです。
トイレがめっちゃきれいでした。

海外ってあんまりキレイなイメージない方いらっしゃると思うのですが、ここは本当に綺麗!!
とっても高級なものばかりで、ランチも食べたかったけど高すぎて入れませんでした。笑

買い物思いっきりしたいという方にはオススメです!

本当に何でもそろいそう!

でも結構なお金を必要だと思います。

 

私達田舎者だから広すぎるショピングモールはなんか合わないです。

キラキラしすぎて居心地悪いです。

買い物したいという気持ちがない方にはちょっと向かないです。

スポンサーリンク

シンガポールのオススメスポット

私達は今回自由行動で回ったので、夜景を見ると帰船リミットに間に合わないので見れなかったです。

マリーナペイサンズの前の噴水のショーは20:00~あると聞きました。

夜は車が混んでいるのと、港まで若干距離があり、噴水ショーを見て船に戻るのは厳しいです。

 

ツアーの方はスーパー・ツリーの夜のライトアップを楽しんだそうです。

夜景を見るならツアーをオススメします。

シンガポール観光② 17000円 昼食1回/夕食1回

 

ちょっと値段が高いと私達は感じますが、夜景はとっても綺麗だったとツアーに参加した方がおっしゃっていました。

スポンサーリンク

シンガポールのまとめ

私達が行った場所

・チャイナタウン(昼・夜)

・ガーデンバイサウェイ

・ショッパーズアットマリーナベイサンズ

・マーライオン

 

他の方は

・リトルインディア

・ユニバーサルスタジオジャパン

・シンガポール動物園

・サンズ スカイパーク(マアリーナベイ・サンズ)の屋上のプール

・リトルインディア

・アラブ・ストリート

などに行かれてました。

 

シンガポールはたくさんの見どころがあるので、またゆっくりと見たいなと思える場所でした。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント