私達の【現在地】とこれからの予定!!

酔い止め薬・グッツのオススメ~船酔いには最強の物をご紹介~

世界一周

世界一周した旅する仲良しクリエイターのとおるんとよしみです。

 

船酔いがひどい私達が選んだ船酔い止めグッツをご紹介しようと思います。

本当に船酔いは辛い・・・。

 

 

その気持ちめっちゃ分かるので、そんな方に役に立つ情報になると嬉しいです。

*個人差がありますので、ご了承ください。

スポンサーリンク

世界一周中の船について

私達はピースボートのオーシャンドリーム号で世界一周しました。

 

まずそのオーシャンドリーム号の詳細をお伝えします。

総ドン数 35265トン

前長 205メートル

全幅 26.5メートル

喫水 7.5メートル

乗客定員1422人

フィンスタビライザー(横揺れ防止装置)装備

初めて見た時は私達にとってはとっても大きな船だなと感じました。

こんな大きい船が揺れないだろうと思ったのと、このクルーズを申し込む時揺れないと聞いたので大丈夫と思っていました。

でも船酔いがひどい私達は船酔いをしてしまいました。

スポンサーリンク

ピースボートの船は揺れます

季節によってどこの海が揺れるかは違うみたいですが、私達の時(99回クルーズ)は神戸出た次の日アイスランドの辺りがすごくひどかったです。

 

よしみんは神戸を出た次の日朝ベットから起きると、もう気分があまり良くなかったです。

そのためすぐに酔い止め薬を飲みました。

それでそのままレストランに行ったら、気分悪くなって動けなくなり、酔い止め薬をそのまま出してしましました。泣

 

この日は本当に1日中大変で、ずっと気分の悪いまま1日過ごしました。

 

それからちょっと揺れる日はありましたが、そこまでの激しい揺れはありませんでした。

 

そして乗って一か月半後にアイスランド辺りで船はかなり揺れ始めます。

かなり揺れていて朝はこの揺れで起きてしまうくらい激しい揺れでした。

またいつも8階のピースボートセンター前に若い方は集まって話をしてますが、誰もいなかったみたいでほとんどの方が酔っていたみたいです。

 

椅子を置いていても揺れで勝手に動いたり、机の上のものが落ちてしまうぐらいすごい揺れでした。

この揺れは数日続きました。

揺れがすごすぎて気持ち悪く8階にある水を取り行くのも厳しくて、途中は脱水状態になりそうになりながら耐えました。泣

スポンサーリンク

船酔いする方におすすめの薬はコレ

酔い止め薬はたくさんありますが、私達が1番効くのはアネロンです。

色々な酔い止め薬を試しましたが、これが1番私達に効きました。

 

釣りする方や、船に乗る方には『私船酔いするんですが、船酔いしない方法ありますか?』と聞き、アネロンがすごく効いたよと教えていただき、このアネロンを知りました。

本当に私達の中でアネロン最強です!!!

旅行の時は船乗る予定なくても絶対に持っています。

 

他の酔い止め薬に比べると比較的高額になりますが、オススメです。

カプセルになっているため水は必要ですが、味もせずに飲めます。

 

あとトラベルミンという酔い止め薬がありますが、こちらはとっても眠くなります。

気分が悪くなるのを抑えるというより、睡眠薬?!と思えるほど眠くなり、気持ち悪くて寝たいと思っていらっしゃる方にはオススメです。

 

ちなみにピースボートではこの薬は1回2錠までレセプションで無料でもらえます。

スポンサーリンク

薬以外にも酔い止めグッツをご紹介

他にはシーバンドという手首に巻くものを使っています。

船酔いの時はもちろん、つわりの時にも効くみたいです。

ちなみにピースボートの船の中で購入すると2500円くらいするので、もし船酔いが不安と思う方は事前に購入しておいた方が安くてオススメです。

内側はこんな感じでツボを押してくれます。 両手にできるように2つセットでした。なぜか分からないが中国語の説明書!笑

指3本分のところにつけるといいみたいです。

とおるんはこれをつけるとある程度の揺れは大丈夫になるみたいです。

でもよしみんはあまり効果はありません。

 

なので個人差あります。

でもこれを飲んだから酔わないとか、これをつけているから大丈夫という気持ちが大切かなと思います。

スポンサーリンク

もっと酔ってしまう事3つをご紹介

これをやっちゃうと酔っちゃったよというよしみんの体験に基づいていうことをお話ししたいと思います。

①本を読む

本を読むとさらに酔っちゃいます。

下を向いて何かに集中するのはさらに気分が悪くなります。

携帯の画面をずっと見ることもあまりしない方がいいです。

②波を見る

よしみんは沖縄が好きで波を一人でずっと見ていたことがあります。

そしたら気分が悪くなってきて自分も波のように揺れている感覚になりました。

そのため気分が悪くなります。

沖縄の海は本当に綺麗で見入ってしまう気持ちは分かりますが、長時間見るのはご注意ください。

③写真を撮る

例えばダイビングやシュノーケリングの時に防水カメラを使って撮影することありますが、あまり撮影に集中してカメラばかり見ていると酔ってしまいます。

せっかくダイビングやシュノーケリングしてるから写真を撮りたいという気持ちは分かりますが、よしみんはこれで失敗して酔ってしまったのでご注意を!!!

この3つはよしみんが実際気分が悪くなってしまった体験ですので、ご注意下さい。

スポンサーリンク

まとめ

船酔いする方は少しでもご参考になりましたでしょうか??

参考になったら嬉しいです。

 

よしみんは初めて沖縄でダイビングをした際にかなり船酔いしてしまい、10回くらい吐いてしまいその日寝るまで頭がクラクラでした。

それでも沖縄の海が本当に綺麗でどうしてもダイビングをしたくて、色々な人に聞いたり、色々な船酔いグッツを試して、今回紹介したグッツに出会いました。

そのおかげで今はダイビングができますし、旅行先で船に乗ることがあっても今は怖くないので、何でも挑戦できます

もし船酔いするから船に乗るのを諦めている方いらっしゃれば、試してみる価値あると思います。

 

一人でも多くの船酔い仲間の方々が船にビビらず、何でも挑戦できるようになると嬉しいです。

 

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

  1. […] 酔い止め薬・グッツのオススメ~船酔いには最強の物をご紹介~世界一周した旅する仲良しクリエイターのとおるんとよしみです。 船酔いがひどい私達が選んだ船酔い止めグッツをご紹 […]

  2. […] 酔い止め薬・グッツのオススメ~船酔いには最強の物をご紹介~世界一周した旅する仲良しクリエイターのとおるんとよしみです。 船酔いがひどい私達が選んだ船酔い止めグッツをご紹 […]