私達の【現在地】とこれからの予定!!

何でピースボートに乗ったの?3つの理由

世界一周

世界一周した旅する仲良しクリエイターのとおるんとよしみんです。

 

私達がなぜ世界一周しようと思ったのか?

それもなんでピースボートで世界一周したのか?

についてお話ししたいと思います。

 

動画でもお話ししてるので、下記のYouTubeをご覧ください。

【世界一周】旅に出た理由は?このためだったんです!【夫婦旅】【仲良し夫婦】
スポンサーリンク

会社を辞めるまえのお話し

私達は結婚しても二人とも正社員で働いていました。

いわゆるよくある新婚の家庭です。

 

またとおるんは一部上場企業で勤めてて、周りからは『旦那さんは給料良くていいね』と言われることもありました。

そのためある程度の収入はありお金に困ったこともなく、豪華な生活ではないですが普通の生活を送っていました。

でもとおるんと結婚したのはそのお給料目的だからってわけではなく、二人で一緒にいたいから、好きだからという気持ちで決めました。

 

そしてとおるんは三交替、よしみんは日勤で休みもあまり合わず一緒にいる時間が少ないため、このままでいいのかなと悩んでいました。

 

でも会社を辞めるのはとても勇気がいりました

会社を辞めてもお金の面で生活はできるのかなという不安がとてもありました。

家賃はどうやって払っていくんだろうとか、ご飯はどうするんだろう・・と。

それも仕事の内容が特別嫌という訳でもなく、会社に勤めているとある程度のお給料はもらえるし、人間関係に特別悩んでいたわけでもないし・・・という気持ちだったため、とても悩みました。

 

会社を辞める事に対して不安な気持ちもありましたが、このまま一生この生活が続くのか?と考えるともっと不安でした。

 

先の事は誰にも分からないし、このままでいいのかなと不安に思っていても何も変わらないから行動するのが大切なのではないか?と考えるようになりました。

 

そして結婚して2週間後二人でたくさんたくさん話し合い二人で会社を辞めることを決意

よしみんは約10年間、とおるんは約11年間会社員としての生活を終止符を打ちました。

 

不安がないわけではありません。

でも不安な事ばかり考えるんではなくて、二人で決めたのだから前に進むしかないと思ってます。

スポンサーリンク

会社を辞めてからのお話し

会社を辞めると決めてから元々お互い旅行が好きだったのもあり、会社を辞めたら旅行に行きたいなとは思っていました。

 

またよしみんは以前から世界一周してみたいなとは思っていました。

しかしそれは思うだけで実際はできないものと思い込んでいて、世界一周できたらいいけど私には無理だな・・・と。

理由は私は英語はできないし、仕事もあるし、お金もそんなにないし・・・。

たくさんの行けない理由を並べていました。

 

世界一周なんて夢のそのまた夢と本気で思っていたころもありました。

 

でも会社を辞めると決めてからある日、よしみんは会社辞めるなら休みとか気にしなくていいから『世界一周できる』と急に思い始めます。

(よしみんは結構急に思い込んで何でも行動しちゃいます。笑)

 

それですぐにとおるんに『会社を辞めたら二人で世界一周したい』と話しました。

そうすると『確かに会社を辞めたら世界一周できるね』と話しは盛り上がって世界一周することが決定

 

とおるんはよしみんが前から世界一周するのが夢と言っていたので、好きな人の夢は叶えたいという気持ちで世界一周を決めてくれました。

スポンサーリンク

ピースボートに申し込む時のお話し

世界一周するのは決めたけど、どうやっていこか?と悩みました。

飛行機?船?色々な方法があります。

たくさん調べました。

 

そんな時以前よしみんがスポーツジムに通っていた時、そこのインストラクターさんが『世界一周するからジムの仕事を辞める』と話されているのを思い出しました。

またそのインストラクターさんが『居酒屋とかに貼ってあるポスター見て申し込んだ』を言っていたのでインターネットで調べました。

↓↓↓これがそのポスター

前まで正直怪しいと思っていたポスターです。笑

実際ネットにあまりいい事書かれていないし、絶対怪しいわーと思っていた一人です。

きっとこのブログを読んでいる方も同じことを思っている方いると思います。

 

でもネットで調べていくうちにピースボートについてたくさんの記事を見つけました。

それもピースボートのホームページで説明会が福岡で行われる日に私達もちょうど福岡行くの決めていたのですぐに説明会に申し込み!!

 

色々噂とかあるけど、やっぱり話は聞いてみなきゃ分からないし、実際聞いてみたいと思って、説明会に申し込みを決めます。

 

実際説明会で色々な国の話を聞いたり、見てみるとどんどん世界一周したいという気持ちが強くなり、その日に世界一周申し込んじゃいました

だって世界各国の色々なきれいな風景を見て、楽しそうにしている姿を見て行きたくなりますもん。

でもこの時は行けなくてもキャンセルもできるって聞いたからひとまず申し込み代金の5%を払って申し込みしました。

ちなみにキャンセル料金が91日前まではかかりませんので、もし行けなくなってもキャンセルできます。

スポンサーリンク

何でピースボートで世界一周することにしたの?

世界一周の方法はたくさんあります。

その中でもピースボートにした理由は3つあります。

①苦手な船に挑戦してみたい

私達は船が苦手ですぐに酔ってしまいます。

本当にかなり弱いです。

 

でも船に長く乗っても半日とかで数日間乗ることがなかったので、長く乗ることによって船が克服できるんではないか?と思いました。

まして船で世界一周するなら、途中で降りるわけにもいかないし、3か月半も乗ると船酔いしなくなったと言えるようになるんではないか?と思って、苦手な船に挑戦を決意しました。

 

実際乗ってみた結果

でも全然船酔いは克服できず最後まで船酔いして、私達二人とも船酔いで痩せてしまいました。笑

特にアイスランドの辺りはかなり揺れて、朝はその揺れで目が覚めてしまいました。

起きても気分が悪くレストランも行けない日が続ききつかったです。泣

 

一緒に乗っていた80歳の方いわく、80歳くらいになると船酔いしなくなるとおっしゃっていました。

なんか色々にぶるみたいです。笑

船酔いしなくなるまであと50年間がんばります。笑

②人と出会いたかったから

世界一周しても飛行機なら二人で、現地で仲良くなるかもしれないけど、そんなに仲間みたいなのができるかなと考えました。

 

でもピースボートの船には約1200人の乗客。

その仲間と一緒に世界一周ってすごいことだなと思いました。

 

それも色々な人には日本でも会うことはできても、1200人もの方々と108日間も一緒の空間で生活するってなかなかないなと思います。

 

 

実際乗ってみた結果

世界一周中の2/3は船の上で過ごすのでとっても素敵な出会いがありました。

それも年齢もバラバラで2~92歳までいらっしゃり、国籍も日本に限られずたくさんの国の方と出会えました。

 

それも色々な人には日本でも会うことはできても、1200人もの方々と108日間も一緒の空間で生活するってなかなかないなと思います。

船の中は小さな村のようで、様々な方と一緒に住んでいる感覚でした。

 

そんな素敵な体験ができ本当に良かったと思います。

③私達にはピースボートが合うかなと感じたから

ピーズボートの他に飛鳥とかの豪華客船も調べてみましたが、私達にはめっちゃ高いし、こんな豪華なのは庶民の私達にはちょっときつそうと思い、ピースボートが一番私達には合うかなと思い決めました。

 

確かにたまにはコース料理もいいかなと思うけど、毎日だと疲れちゃうし、コンビニのおにぎりとかカップラーメンがたまには食べたくなっちゃうなと思って。

 

実際乗ってみた結果

ちょうどいい感じのボロボロ具合最高でした。笑

雨水が漏れて床がびっしゃになったり、天井が抜けたりと色々船の故障はありましたが、そのぐらいで私達にはちょうど良かったです。

 

毎日かしこまるのは苦手で、やっぱりたまにはカップラーメン食べたくなっちゃって食べましたし、豪華すぎず良かったです。

こうやってたくさんの仲間もできました。

 

スポンサーリンク

まとめ

私達の仕事辞めるまで、ピースボートを申し込んだ経緯、ピースボートを選んだ理由を3つお話しさせていただきました。

世界一周したいけどどうやってしようと悩んでいる方、今後世界一周したいなと思っているから参考にしたいなと思っている方、世界一周はしたいと思ってなくてもただ何でピースボート乗ったのか?と気になった方々に少しでも伝わったら嬉しいです。

 

個人的な感想ですが、ピースボートはとってっも楽しかったし、途中まではもう1回乗りたいと正直思ってました。

それぐらい楽しかったし、本当にいい出会いがあり、たくさんのいい思いがあります。

 

しかし途中から船酔いが本当にきつくて痩せてしまい2回目はないな・・・と二人で思いました。笑

 

でも船酔いしないならもう一度乗りたいなという気持ちはあります。

80歳超えて船酔いしなくなるみたいなので、その頃に2回目乗るのもいいなとは思います。

 

 

ピースボートの他の記事もありますので、もしご興味ありましたらよろしくお願いします。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント