私達の【現在地】とこれからの予定!!

断ち切れない片思いを手放す方法。新しい恋へ進むためにすること

仲良しの秘訣・恋愛術

世界一周した仲良しクリエイターのとおるんとよしみんです。

 

いつもまでも断ち切れない片思いしたことありませんか?

新しい人と出会ったけど、その人と比べしまう。

気づくと相手のSNSをチェックしてしまっている。

今回はなかなか苦しい相手への思いを切り替える方法をご紹介します。

スポンサーリンク

心の整理をしてみよう

まずはご自身の心の中を整理してみます。

そのために筆記開示をしましょう。

筆記開示とは・・・自分が体験したネガティブな経験を、感情や思考とともに包み隠さずノートに書くことです。

 

筆記開示をすることにより

・ネガティブな感情の減少
・不安やうつ状態からの脱却
・幸福感が高まる効果

 

これでご自身の心の中が整理でき、次に進むことができます。

 

書くことはこの2つ

なぜ、その人が忘れられず片思いが続いているのか?

なぜ、好きな相手は振り向いてくれないのか?

 

まずは①『なぜ、その人が忘れられず片思いが続いているのか?』

・ずっと好きだけど告白をしてないから本当の相手の気持ちが分からない。

でも告白したらこの関係が崩れるので告白はしたくない。

・相手にはパートナーがいるけど、二人で月に1回はご飯に行っているからいつか自分の方にくるのかもと期待してしまう。

でもただの仕事の同僚としか見ていないのかも。

 

素直に思っていることを書いてみましょう。

 

そして②なぜ、好きな相手は振り向いてくれないのか?

・相手は結婚していて最近子供も生まれた。

話すと楽しいしけど、自分の事は恋愛感情で見ていないことも分かっている。

でも諦められない。

・相手からはあまり連絡が来ない。

仕事が忙しくて連絡が来ないだけと自分を納得させている。

 

最低でも4日間は続けてみてください。

続けて書くことによって、次に進むべき道が見えてきます。

スポンサーリンク

気持ちの整理はついたけど、行動にできない

心の整理はついたけど、また過去の事を振り返って次の行動ができないことありませんか?

 

それは脳の働きのせいです。

脳は「想像したこと」と「実際に行動したこと」の区別を付けるのが苦手だったのです。

こうなったらいいなと考えるだけで、行動移す前にもう行動したかのように勘違いしてしまうのです。

 

そして行動できず、また相手の事を思い出し、次の行動に移せないのです。

スポンサーリンク

一歩踏み出すためのWOOP法

WOOP法とは

  • 1. 願望(Wish)「つらい片思いをやめたい」
  • 2. 成果(Outcome)「筆記開示で、気持ちの整理がついた」
  • 3. 障害(Obstacle)「でも、時が立つと『やっぱり彼のことが……』と思ってしまいそう」
  • 4. 計画(Plan)「気持ちの整理がついたら、24時間以内にマッチングサイトに登録する」「気持ちの整理がついたら、友達に連絡して合コンをセッティングしてもらう」「気持ちの整理がついたら、あなたのことを気にしてくれる男性とデートに行ってみる」

 

3障害と4計画をきちんと立てることが大切です。

3をきちんと立てることにより何か問題が起きても、事前に対策を立てていれば大丈夫です。

また4計画も大事で自ら決めておくことで行動を自ら促します。

スポンサーリンク

まとめ

①筆記開示でご自身の心の整理をしましょう。

*最低4日間は書き続けることが大切。

②「WOOP法」で障害を予測&対策を決めて行動しよう!

 

これで長年断ち切れない片思いを手放しましょう!

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント