私達の【現在地】とこれからの予定!!

ピーズボートのインターネット環境は?いくらかかるの?

世界一周

世界一周した旅する仲良しクリエイターのとおるんとよしみんです。

 

私達はピーズボートに乗り、インスタを投稿しながら世界一周しました。

 

海外だと日本みたいになかなかネットが使えないかな?

船の上ではネットで繋がるの?

と不安に思いますよね。

 

私達が実際にピースボートに乗ってどうやってSNSを更新していたか?についてお答えしていきたいと思います。

 

船の上でのネット環境

ピースボートの船の上でもネット環境は、あまりよくなりません。

ちなみに船の上でネットを使うにはインターネットカードを100分間で2100円で買う必要があります。

 

衛星のネットを使っている関係で、あまり強くないです。

しかも天気や場所によって繋がる速度は違います。

 

昼間は比較的ネットを使う方が多くて繋がりはあまりよくありませんが、夜は比較的早いです。

といってもインスタの投稿(画像のみで動画なし)でも投稿のボタンを押してから10分間はそのまま画面が固まる感じです。

何度も投稿に失敗しましたと表示されることも多く、なかなかネットを使うのは難しいです。

 

どうしても調べることがある方は夜中の3時や4時あたりに起きてネットを繋いでいた方もいらっしゃいました。

 

お世辞でも船の上でのネット環境はいいとは言えないのが本音です。

 

お金も結構かかるので、あまり船の上ではおすすめできません。

船乗る前に、友達や恋人に船の上では連絡できないかもと伝えておいたほうがいいと思います。

 

寄港地でのネット環境

寄港地でのネット環境について書きたいと思います。

①freeWi-Fiのカフェやレストランやホテル

寄港地にもよりますが、ほとんどの寄港地でfreeWi-Fiのカフェやレストランがあります。

 

レストランに入る際にWi-Fiのマークがあるか探してみてください。

だいたい外に『Wi-Fi』と書いてあることが多いです。

そしてほとんどの場合Wi-Fiを使うにはパスワードが必要になります。

 

『Wi-Fi パスワード』というだけでほとんどの店員さんが教えてくれます。

英語が話せなくてもなんとか通じますので、言ってみてください。

 

カフェやレストランの飲食代を支払えば基本的に無料でWi-Fiは使えます。

 

またホテルは宿泊する場合にもWi-Fiを使用しました。

これもパスワードが必要なので、スタッフに聞くと教えてくれました。

私達が今回泊ったホテルは無料で使用できましたが、以前泊まったホテルで数か所有料のことがあるので、きちんと確認することが大切です。

 

②港でWi-Fiを使う

港で無料でWi-Fiを使えるところと、有料で1時間〇$というような形で使えるところがあります。

『無料でWi-Fiを使えた寄港地の港』

ギリシャ(ピレウス)、イギリス(リバプール)

決してネットがサクサクとつながるとは言えませんが、なんとか繋がります。

 

『有料でWi-Fiを使えた寄港地の港』

キューバ(ハバナ)

 

キューバ(ハバナ)の港でインターネットが使えると聞いて、インターネットを繋ぐためのカードを購入しに行きました。

でも1日目は閉店していて購入できず諦めて船に戻りました。

 

そして次の日に買いに行くと長い列が・・・。

結構並びましたが、ちょうど私のところで売り切れました!

 

船の中ではインターネットはサクサク繋がらないので、みんなインターネットを使用したい!!!となっているため、大人気!!!

インターネット使いたい方は早めに購入オススメします!

 

③ポケットWi-Fi

私達はpokefiというポケットWi-Fiを持って行きました。

pokefiは世界60か国以上使用できます。

Amazonで約25000円で本体を購入しました。

 

通信料5GBで15$(約1700円)はかかりますが、月額はかからないため、使用しない月は1円も料金がかかりません。

結構月額かかるところが多いので、旅行に頻繁に行かれない方にはオススメです。

 

サクサクとインターネットは繋がりました。

ヨーロッパはほとんどこのポケットWi-Fiを使用できました。

 

ピースボートでも事前にポケットWi-Fiを申し込むことできましたが、値段が高くて私達はpokefiにしました。

11×1×6.8cmとそんなに大きくないので、持ち運びも便利です。

 

④auの世界データ通信

世界データ通信とは・・・

対象の国・地域で24時間、日本で加入されているデータ定額サービス/料金プランの容量からデータ通信がご利用いただける海外データ定額サービス

 

月に1回24時間は無料で使用できました。

また2回目以降からは980円かかります。

 

auの世界データ通信の詳しくはこちらをクリック

 

ちなみにソフトバンクの方はアメリカではアメリカ放題が使えます。

「アメリカ放題」は、アメリカ本土やハワイなどに滞在時、スプリントのネットワークでの通話やモバイルデータ通信、メールがし放題のオプションサービスです。

現在キャンペーン中につき無料でご利用いただけます。

 

今回ニューヨークやハワイに行ったので、その時使用されていました。

ソフトバンクの方はほんとうに便利です!

 

アメリカ放題の詳しい内容はこちらをクリック

 

実際Wi-Fiを使うためにかかった金額

①船の上 合計9500円

船の上で購入したインターネットカード(2100円)3枚

船の友達でインターネットカードが必要なくなったとのことで1100円で買い取った。

 

 

②港でのインターネットカード 約500円

キューバ(ハバナ)

 

 

③Pokefi(ポケットWi-Fi) 30,100円

本体25000円

通信料5GB(1700円)3回チャージ

5100円

 

 

全ての合計41000円

*Wi-Fiがあるカフェやレストラン代金は除いています。

 

安いのか高いのは人それぞれですが、Wi-Fiを使ってSNSを投稿でき、みなさんとも繋がれたので、必要なお金だったかなと思います。

まとめ

①船の上ではインターネット環境があまり良くない(有料になります)

②寄港地

1.カフェ・レストラン・ホテルでのWi-Fiを使う

2.港のWi-Fiを使う

3.ポケットWi-Fiを使う

(私達はPokefiを使用しておりました)

4.auの世界データ通信を使う

③通信料で41000円使用

 

ピースボートで世界一周した108日間のインターネット環境についてご紹介しました。

 

もしこれから世界一周や海外に行かれる方いらっしゃれば無料で使用できる方法も載せましたので、よかったら使ってみて下さい。

 

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

  1. […] 世界一周中のネット環境について詳しくはこちら […]